ジャパン・トラベル・マンス

熊本県 (人吉市・錦町・多良木町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・球磨村・あさぎり町)

熊本県 (人吉市・錦町・多良木町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・球磨村・あさぎり町)

1. 人吉球磨の自然の中に点在する観音霊場で、一番札所から三十三番札所まで全三十五の観音像が祀られており、17世紀後半に選定されて以来、住民の精神的拠り所として信仰を集めています。秋の彼岸時には全札所が一斉に開帳され、多くの人々が参拝をします。地域住民の信仰心が、参拝者への「お接待」として、観音さまにお供えしたお料理、お茶が参拝者に功徳とともにおすそ分けされます。札所により、代々伝えられている振る舞いの手作り料理があり、参拝者は観音様にお参りして、お接待と地元の方との交流をお楽しみください。巡礼服、杖、宝印帳等の巡礼グッズが用意されています。
(個人で、タクシーで、バスツアーで、車で、歩いて、自転車で、と自分にあった交通手段を選ぶことができます。)

2. 大同元年(806)創建の人吉球磨の総鎮守、国宝青井阿蘇神社の秋の例大祭です。10月3日から11日まで、鎮火祭、献幣式、神楽、神幸行列、奉納相撲等の行事が執り行なわれ、古式ゆかしい時代絵巻と子どもから大人まで様々な形で参加する行列は、今に息づく歴史を体感できます。

3. 日本遺産構成文化財の一つ、国指定重要無形民俗文化財の球磨神楽が、秋の大祭期間中、球磨人吉の各地の神社で奉納されるます。10月8日夕方の青井阿蘇神社神楽殿では、現在に伝わる17番すべてが奉納されます。境内では焼酎やつぼん汁がふるまわれ、最後には餅投げもあります。

4. 日本遺産構成文化財の一つ、ウンスンカルタの大会が10月に開催され、各世代がカルタの勝負でもりあがります。通常時期でも体験はできますが、大会では勝負を通じて、参加者との交流が楽しめます。大会直前にはおけいこ会も開催されます。

5. 日本遺産を体感する2時間のタクシープラン。「祈りの里、コメの道」「情趣極める、しなやか紀行」「第六感冴えわたる、奥山無心の旅」の3プランがあるが、特にこの時期には、田んぼの稲穂の黄金の波、おくんち祭り、焼酎の発酵音を聞く等の体験ができます。

6. 日本遺産構成文化財の一つ、球磨焼酎を自分で作る体験プログラムです。特にこの時期には、稲刈り、仕込み等が体験できます。

7. 日本遺産を自転車で回る催しです。温泉や地域の産物を楽しみながら、自転車で自分の足で巡る体験は心と体をリフレッシュさせてくれます。

実施・提供期間

1. 2017年9月20日~26日の日中
2. 2017年10月3日~11日 メインである神幸行列は10月9日
3. 2017年10月8日~12月15日 奉納される神社により、午前中もしくは夜
4. 2017年10月中旬の土曜または日曜 10:00~(おけいこ会は夜)
5. 随時
6. 随時
7. 日本遺産巡りサイクリングinひとよし球磨2017 10月下旬の日曜の日中

人数制限

4. 事前申し込みが必要
5. 要予約
6. 要予約
7. 事前申し込みが必要

特典内容

「時感の旅」の体験プログラム


・朝座禅(朝粥付き)・・・第4土曜日の朝、臨済宗妙心寺派「観音寺」で充実した朝を。
・隠れ里の昼座禅(写経、お茶)・・・要予約で応相談。相良三十三観音札所の一つ「新宮禅寺」でできます。その他も予定しております。

連絡先:「時感の旅」 刻(とき)の会 
電話:0966-22-2566

人吉温泉カクテル
八十八ヶ所スタンプラリー

連絡先:ひとよし・くま旬夏秋冬キャンペーン実行委員会
電話:0966-23-3080

お問い合わせ先 団体・組織名

1. 人吉市観光案内所(JR人吉駅構内)
2. 青井阿蘇神社
3. 球磨神楽保存会
4. 鍛冶屋町通りの町並み保存と活性化を計る会
5. 人吉球磨日本遺産活用協議会
6. あさぎり町グリーンツーリズム研究会(ポッポー館内)
7. 人吉球磨サイクリング倶楽部

ツーリズムEXPOジャパン推進室
ツーリズムEXPOジャパン推進室(フォーラム)
ツーリズムEXPOジャパン推進室(商談会)
VISIT JAPAN トラベルマート
VISIT JAPAN MICEマート
商談会 共通連絡先
ジャパン・ツーリズム・アワード 募集事務局
ツーリズムEXPOジャパン推進室 広報事務局
Tourism EXPO Japan Promotion Office
Tourism EXPO Japan Promotion Office (Forum)
Business Meeting
Business Meeting Office
Japan Tourism Awards Application Office
Tourism EXPO Japan Promotion Office (PR)
ページトップページトップへ戻る